借金問題を解決する債務整理のことならお任せ

債務整理は借金などの債務を法律によって整理する手法です。債務整理には任意整理、自己破産、個人再生、特定調停の4つがあります。それぞれ特徴が異なっており、どの債務整理を選ぶのか、どれくらい債務を軽減させることができるのかは弁護士の腕にかかっています。

 

任意整理

任意整理は弁護士、債権者が話し合いをすることで借金を返済しやすい状況に持ち込みます。弁護士の交渉力が問われるので腕の良い弁護士を選ぶ必要があります。任意整理で借金の残高を減らしたり、金利をストップしたり、月々の返済を調整します。任意整理は個人でもできますがあまり現実的では無いので専門家に任せるのが無難です。

 

自己破産

債務整理の中で最も有名な手法が自己破産でしょう。自己破産は返済が不可能だと判断された場合に地方裁判所を通して全ての債務を免責します。その際に財産を処分して債権者に振り分けるため手元に財産が残らないというデメリットがあります。また、特定の職業に就くことができなくなります。

 

個人再生

比較的最近登場した債務整理です。持ち家や自動車を持っている人がこれを手放すことなく債務を調整することができます。地方裁判所を通して行われ、弁護士の力が問われます。

 

特定調停

簡易裁判所を通じて債務を整理します。返済する能力がある程度ある場合に活用されることが多く、債務を圧縮することで返済しやすい状況を作ります。

 

債務整理は弁護士選びが重要

債務整理を検討している方はまずは弁護士に相談するところからスタートします。多くの債務整理は裁判所がかかわってきますし、一般的な生活を送っていると法律のことがわからないですよね。そこで弁護士に頼るわけですが、弁護士ならどこでも良いとは言えません。やはり安心・信頼の置けるところを探す必要があります。

 

そこで債務整理で評判の高い法律事務所が「中央合同法律事務所」です。中央合同法律事務所は債務整理を中心に様々な事例を持っています。また無料で相談できる、というのも注目ポイント。債務整理を考えている方は弁護士への支払いも難しい、という場合もありますが無料で相談できるので安心です。24時間いつでも電話、メールから相談できますので、債務整理を検討中の方は気軽に連絡してみましょう。